アオバズク賛歌

7/19撮影のヒナ
この写真は、Sさん
よりお借りしました。
7/22撮影
4羽のヒナが低木に移動
大人になってきた・・
7/23撮影
松の木に移動した
アオバズク一家
7/24撮影
今日も松の木で・・・
梅雨も明けたし暑いよ。
7/26撮影
1羽だけ残されたひな
生き抜く目は鋭い!


2007年5月末、例年のようにアオバズクが、小学校にやってきました!
発見からヒナが誕生するまで、約一月半。日々の様子をデジカメキャッチしました。
情報というのは早く人々に伝わり、ここ1週間、多くのお客様がアオバズクに会うためやってこられます。
子供達も地域住民も温かく見守っており、立派な巣立ちができるよう願っています。

日付 近くにやってきてくれたアオバズク日誌
2007.5.30
アオバズクがやってきた!
小学校の桜の木へ。
2007.6.1
今日も桜の木で周囲の観察?
2007.6.9
桜の木からセンダンの木へ
2007.7.6
あっ!
夫婦が登場した
卵からヒナが孵ったかな?
2007.7.11
午前は夫婦一緒。
午後はお母さんがいなくなる。
2007.7.17
やったぁ!
ヒナが1羽出たよ♪
2007.7.17
(夜)
ギャラリーが増えてくる。
夜のアオバズクは活動的。
2007.7.18
ヒナが3羽外に出て夕方残り1羽がお目見え。合計4羽のヒナが誕生しました。
2007.7.18
(夜)
兄弟から残されたヒナに親がやってきて・・
見事に飛びました。
2007.7.19
アオバズクの食事。
昼間は、団子状態で休んでいます。
2007.7.20
(夜)
19:40になるとしきりに首を回し羽ばたく練習をし、動きが早くなる。
2007.7.21
そろそろ巣立ちかと思ったが今日はまだ・・
2007.7.21
(夜)

日に日に夜の行動は活発になる。
2007.7.22
小学校からいなくなったアオバズクは、近くの木に止まっていました。真の巣立ちはいつ?
2007.7.23
今朝もいたよ、アオバズク親子♪
少し東の松の木に移動、松葉が痛くないの?
2007.7/24
猛暑に耐えて松の木に滞在中のアオバズク

カメラマンも汗と格闘?
2007.7/25
今日のアオバズク。
仕事で朝夕の撮影。
NHKも取材に来ました!
2007.7/26
今朝松の木に行くと、ヒナがたった1羽のみ・・
あれ親は、兄弟はどこへ・・

ラストシーンの始まりです。
おはよう!お父さん、お母さん・・・ あれ?誰もいないぞ・・・ みんなどこへ行ったんだろう?おかしいなぁ。 今日も人間がくるなぁ。でも僕一人なのでガッカリしてるぞ。
おや、また違う人間が来たぞ。もう少しで夜だ。 もう真っ暗だ。お母さん、お父さ〜ん。早く来てよ! あっ!お母さんだ!僕、一日頑張ったよ〜。 ぼうや良く辛抱したわね。家族のいるおうちへ帰りましょ。

編集後記「アオバズクに魅せられて」
5月から、約2ヶ月弱、自宅から100mという小学校に営巣したアオバズクを追いかけていました。
7月17日にウロからヒナが4羽も出てからというもの寝ても覚めてもアオバズク?
今日までアオバズクと共に過ごしたような気がします。
7月22日、小学校を離れ近くの手の届きそうな近くの木に移動、そして、ここ2日は松の木で家族が過ごしていました。
アオバズクというよりマツバズクがふさわしいかも?なんて思ったりもして・・・。

さて、本日7月25日(木)の早朝、覗いてみるとヒナが1羽取り残されていました!
どうしたの?みんなどこへ行ったの?辺りの木を探しましたが家族はいません。
そんな中、昨日NHKの放映を見た新顔さんも数人来られ、1羽でも感激して帰られていました。
親に残されたアオバズクが、どうなるか気になり、夕方から見ていると、午後7時40分頃、東の空から親がやってきました!
ヒナと親の鳴き声が、とても感動的でした。
近くの電線に止まり、2羽で西の空へと去って行きました。あぁ良かった。
明朝、まだ家族の所まで飛べずに残っているかもしれませんが、”アオバズク賛歌”は、本日で終了といたします。
小学校児童、先生、地域住民、野鳥の会の方、カメラマンさんなどなど、多くの方の温かい見守りの中で、無事に巣立って行ったのです。

振り返ると、アオバズクが、皆さんとの交流を深めさせ、真の子育ての姿を見せてくれたような気がします。
感動をありがとうアオバズク!
厳しい自然界を無事に生き延び、再び青葉の頃、瀬戸町へ帰ってきてね。
最後になりますが、こちらを訪問してくださった皆様へ心より御礼申し上げます。

さて、明日から楽しいニュースを追いかけ頑張ります。その模様は「風のひとこま」をご覧くださいませ。


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー